ダイエットを体重だけで見ていませんか?

こんにちは!お萩です!

皆さん体重計で毎日、体重を量っていますか?

ダイエットや健康管理の基本は”毎日記録をつけて自分の現状を把握すること”ですが、
体重の変動にこだわりすぎて、毎日何度も体重計に乗るのはオススメしません。

ダイエットに最も期待する効果とは何でしょうか?

それは

体型を変えて、健康になっていくこと

ですよね!

いくら体重が軽くなっても、引き締まっていない体では、絶対に満足できないかと思います。

短期間の体重変動は自分でコントロールしづらいものだからです。

体重を毎日計っていると1日で〇キロ増えた!〇キロ減った!と大きめな変化もあると思います。

これは、体で何が起こっているとおもいますか?

結論から言うと、体内の水分量の変化によるものです。

人間は約60%が水分で占められています。

つまり体の半分以上が水分ですから、これが増えたり減ったりすれば体重も減っていくという仕組みになります。

特にダイエット初期の頃はむくみが取れて数キロの変動が起こりやすくなります。

ダイエットを始めて最初に大きく数字が変わるのはこのためです。そして女性の場合は生理周期の関係による浮腫みで体重の変動も起こりやすくなります。

このように短期間の体重変動でダイエットの成果を判断するのはとても難しいです。
ダイエットの成果を判断するには1ヶ月は見ることをオススメします。

脂肪はそう簡単には減らない

ダイエットの本質は脂肪を燃やすことです。

筋肉を落とすことでも体重は減りますが、それは体にとって良いこととは言えませんよね。

体脂肪が減らない主な原因は、大きく分けて「食事」「生活習慣」「運動」の3つが考えられます。

これらが複合的に絡み合っていることも多いため、1つ直せば良いというわけではないですが思い当たる節を少しずつ改善することが体脂肪の減少につながります。

体脂肪は、数日食事を抜いたからといって減るものではありません。
逆に食事を抜いたり、過剰な食事制限をすることで体が飢餓状態だと勘違いして脂肪を溜め込んでいきます。

また食事の量として間食の回数が多かったり高カロリーの食事をしていたりするのであれば、まずは食生活を見直す必要があります。

ちなみに、体脂肪を1キロ減らすには7200㎉のマイナスをつくる必要があります。

これって結構な量ですよね。

仮に1ヶ月で5キロ減らそうとするのであれば1日に1000㎉以上のマイナスをつくらねばなりません。

これは現実的な数字ではないですし、ハードすぎます。

だからこそ、ダイエットはゆるく構えて長期的な視点を持って接していくことが大切でとなります。
体重に一喜一憂することなくしっかり食事の管理、適度な運動、睡眠を整えていきましょう。